うつの症状を知る【脳内の神経伝達物質のバランスが崩れる】

ウーマン

心療内科選びが重要です

ナース

カウンセリングが大切

うつ病は心の病気といわれていますが、気持ちだけでなく体全体に症状があります。例えば、胃腸の不調が起こり、内科を受診する人がいます。もちろん正しい選択ですが、診察してもらい症状が改善されない時には、心療内科も受診してみることが大切です。うつ病は人それぞれ症状が異なり、自分では心に問題がないとしても、ストレスなどで発症していることがあります。そして、病院選びで大切なのが親身になって話を聞いてくれるかどうかです。インターネットなどで評判を見て選ぶことも一つの手ですが、予約がうまく取れなかったりすると症状が悪化してしまいます。まずは、生活圏内にある心療内科を選ぶことがポイントです。もちろん、プライバシーもしっかりと管理されていますが、気になる場合にはできるだけ近いところを選ぶようにします。そして、初診をして話をしっかりと聞いてくれるかが重要な部分です。もちろん、時間がかけて問診をして原因を追究するため、短時間で終わったり治療で薬を大量に処方したりする場合には病院を変えてみることも大切です。始めに治療を受けるときには、うつ病になっている人と家族で診察を受けることが大切です。もちろん、うつ病になっている人の話が一番重要ですが、家族から見て気になる症状も治療をするうえでとても重要になります。そして、治療では投薬治療とカウンセラーによる精神療法が行われます。症状によって睡眠薬や抗うつ薬が投与されますが、根本的な原因を改善することが必要なため、ライフスタイルやマイナス思考を改善するように進められます。そのため、カウンセリングを受けるときには、些細なことでも話をして理解してもらうようにすることがポイントです。特に、うつ病になる人が仕事や家庭のことが関係していることが多く、その部分から治療法を探っていくことになります。そして、睡眠薬や抗うつ薬は医師の指示に従って服用することが必要です。自分の判断で服用をやめたり、逆に飲みすぎたりすると逆効果になることもあります。そのため、症状が改善されないときには、その点も含めてしっかりと伝えて新しい薬や治療法を変えていくことが必要です。