うつの症状を知る【脳内の神経伝達物質のバランスが崩れる】

ウーマン

こころの状態

医療

休職も必要な場合がある

仕事をしていると様々なストレスがたまります。その都度上手にストレス解消していくことが出来れば問題ないのですが、上手く解消出来ないと知らない間にストレスが蓄積して体調不良に陥ることがあります。疲れが取れない、食欲がない、頭痛など身体的な不調を訴える場合も少なくありません。どこが悪いのか探っていくとうつ病に行きあたる場合があります。その為うつ病と診断されるまで時間がかかってしまう事もあります。適切な治療を続けることで回復していくことが出来ますので、なるべく早く病気を発見出来ることは治療期間をスムーズにする上で重要になります。症状の現れ方は個人差があります。多くの場合で、本人の自覚がないことがあります。その為、体調不良で内科を受診してしまうケースは少なくありません。内科を受診して中々よくならないので心療内科や精神科を勧められるケースもみられます。眠れない症状や気持ちが落ち込むような症状はうつ病の代表的な症状となりますので、比較的診療内科や精神科を受診するきっかけになります。うつ病と診断されると治療に入ります。薬物療法を中心に症状の様子をみながら治療をすすめていきます。週一回程度の通院で治療を進めていきますが、うつ病の重症度によって治療は異なります。薬が効くまでに少し時間がかかる場合がありますが、効いてくると症状は改善していきます。この時点で自己判断によって治ったと治療を中止してしまう患者さんがいますが、医師の指示通りに治療を継続することが大事です。うつ病は再発しやすいい病気になりますので、長いスパンで様子を見ていく必要があります。また治療中は余計なストレスを受けたい為に、仕事を休職することを勧められる場合もあります。治療に専念することで治療期間を短くすることも出来ます。可能であれば休職する選択もあります。長期間の治療になりますので、費用面が心配な方もいます。基本的に保険診療となりますので、驚く程高額な費用を請求されることはありません。しっかりと治して再発させないことが費用を最小限に抑えることに繋がります。長期間通いますので自宅からのアクセスも考えて病院を選ぶことが大事です。