うつの症状を知る【脳内の神経伝達物質のバランスが崩れる】

ウーマン

生活の振り返りが重要

ハート

最初は休むことが必要

仕事や人間関係といった精神的なストレスが蓄積すると、睡眠不足をはじめとした様々な体調不良を感じることがあります。特に何事に対してもやる気が起きなくなってしまったり、ポジティブな気持ちを感じられなくなってしまったりといった症状はうつ病と呼ばれており、近年ではうつ病を未然に防ぐことが重要視されています。うつ病の治療は主に心療内科などで受けることができますが、専用の薬が処方されるだけではなく悩みごとの相談なども行われています。誰かに相談することは精神的な不安を和らげるだけでなく、問題解決のアドバイスなどもしてもらえることがあります。そのため、不安が強い場合や気持ちが落ち着かない場合は、なるべく早めに心療内科に行くのがオススメです。うつ病の治療は症状の程度や本人のライフスタイルによって決められますが、最も重要なのは無理のないように休むこととなっています。そのため、医師から提示された治療方針に従うようにし、自分自身でセルフケアをすることも大切と言えるでしょう。うつ病の大きな特徴として、自覚症状が乏しいので早期治療が難しいことが挙げられます。一般的には倦怠感や眠気といった症状が最初に感じられますが、疲労と似ているのでただの疲れと勘違いしやすくなっています。その結果としてうつ病が進行してしまい、症状が大きくなってしまうケースが多くなっています。自身がうつ状態になっていないかを確認する方法として、日々の生活を振り返ることが挙げられます。疲労とうつ病の大きな違いは生活の中で感じる気分や感情であり、うつ状態では趣味などを楽しむことができなくなります。これはうつ病によって脳内の神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことに関係しており、前向きな気持ちや笑うことといったプラスの感情が弱くなる症状が出てきます。そのため、最近笑顔が少ないと感じたり休んでも疲れが取れなかったりするといった場合、うつ病の初期症状を疑ってみるのが良いでしょう。また、ストレスの蓄積がうつの原因の大半を占めているため、ストレスを発散させることが予防に効果的となっています。この事から、休日には好きなことをしてみたり、生活習慣を改善したりするといったことも重要であると言えるでしょう。