うつの症状を知る【脳内の神経伝達物質のバランスが崩れる】

ウーマン

誰でもなるかもしれません

病院

心の病気です

最近は、職場でも産業医をおくなどして職場のメンタルケアに務めている職場が多くなってきています。それだけ、現代はうつ病の人が多いといえます。うつ病を見極めるのは、なかなか難しいとのことです。最初のうちは職場や家族の人や本人すら気がつかないことが多いようです。長い間、気がつかないので時間がたってしまって、気がついたときにはかなり重症になって病院に行くことが多くなっています。うつ病は、心理的にも身体的にも人間的にもダメージのある状態です。初期症状としては、やる気が出ない無気力だったり、疲れやすく眠れなくなったりなど誰でもありえる症状が出始めます。それは、うつ病の人ではなくてもある症状なのでただの疲れなのかと勘違いすることもあります。いつも疲れていたり眠れないなどの症状から、怠け者のように思われたりだらしないなどの見方をされて、自分でも落ち込んでいってダメな人間と考え負の連鎖が起こります。うつ病の症状で1番よく出てくるのが、気力の喪失です。何をするにも億劫になってやる気が起こらなくなることが多いです。このようなサインを周囲の人も見逃さず本人の状態を日々観察してゆっくり休ませることが大切になってきます。うつ病の治療として大切なことは、積極的な治療が必要となります。その為には、医師の診察や心理専門職の面談や診察が必要となります。症状があったとしても必ずしもうつとは、限らないので正しい診断をしてもらいうつ病でしたら、正しい治療をしてもらうことがうつ病を治す早道となってきます。病院に行くことによって、専門の先生からアドバイスをしてもらうことによって、自分の悩みや今の症状を話すことによって最適な治療のアドバイスをしてもらえます。うつ病の人のほとんどは、まじめで頑張り屋さんの人が多いので、まずは心とともに体を休めることが大切になります。自責の念や後悔の念などで眠れないなどの症状の人も多いので、薬を処方してももらってまず眠ることが大切です。眠ることによって体はもちろん心も休まるので効果が高いです。抗うつ薬や睡眠薬また精神安定剤などの向精神薬を処方してまずゆっくり休むことを心がけるのが大切です。他に、対話も治療には大切です。話を聞くことによって、うつ病の人の考え方やものの見方などを理解することができます。