うつの症状を知る【脳内の神経伝達物質のバランスが崩れる】

男性

こころの状態

医療

うつ病は自覚症状がない場合も多く、発見が遅れる場合があります。出来るだけ早く発見出来ると治療期間も短くすることが出来ます。通院での治療が可能なので仕事をしながらでも治療は続けられますが、休職して治療に専念したほうが良い場合もあります。

軽症と判断されたら

カウンセリング

現代のうつ病の治療では、症状が軽い場合にはレジリエンスを刺激するために、前向きになるきっかけになるなら過度な休養な必要ないと考えられています。その上で、病気への理解を進める教育と精神療法を中心に回復を目指します。

現状から対策を考える

男性

サポート体制を知ろう

うつ病にかかるとその症状により日常生活にかなりの支援が必要になります。そのため以前できていた事などができなくなるのは良くあります。その中でも調理や洗濯などができなくなる場合があります。最悪の場合だと調理ができなくなり、何も食べずに栄養失調になる場合もあります。ひどい場合には生死の危機に陥る場合も実は少なくないです。そうならないために厚生労働省では障害者総合支援法という法律で家事援助というサービスを提供しています。こちらのサービスを利用するためには市町村が定める認定調査を受ける必要があります。こちらの調査は市町村の保健師や精神保健福祉士が面接して聞き取り調査を実施します。それだけでなく主治医にうつ病や症状に関する診断書を提出してもらう必要があります。その結果をもとに区分を出しますが、その区分は非該当から区分6までありますが、非該当以外になる必要があります。その上で相談支援専門員がサービス利用等計画を立てる必要があります。以上の書類が揃えば家事援助のサービスを利用する事が出来ます。うつ病は引きこもりになったり、逆に過度に活動的になったりするなど様々な症状に悩まされます。うつ病でこのような症状に悩まされる原因は一つではないですが、一番大きな原因は脳の神経伝達物質が非常に少なくなっているのが原因と言われています。うつ病の症状を和らげる薬剤は神経伝達物質をきちんとキャッチしやすくなるようにする薬剤です。薬剤をきちんと服用する事で、かなり症状が軽減されます。そのため精神科医がうつ病を軽減する薬剤の服用を勧めた場合には、きちんと指示通りに服用する必要があります。勝手にやめてはいけません。ストレスなども原因と言われています。過度なストレスがかかる事で脳内の神経伝達物質のバランスが崩れるからです。出来るだけ不要なストレスを感じないようにするのが良いと言われています。遺伝的な要素もあると言われています。父方にうつ病にかかった人がいると、同じ症状で悩む可能性が高いことがわかっています。そのような人は過度なストレスを感じないように工夫することが大切です。

生活の振り返りが重要

ハート

うつ病治療は心療内科などで行われており、症状に合わせて治療方針が決まります。悩みごとの相談もできるので、不安が強い場合などに受診するのがオススメです。気分障害の一種でもあるため、プラスの感情が感じられない場合はうつ病を疑うのが良いでしょう。

心療内科選びが重要です

ナース

うつ病は気持ちだけでなく体にも症状が現れることがあります。そのため、心療内科を受診してみることが大切です。そして、治療を進めるうえで、通院しやすいようにできるだけ生活圏内にあり、カウンセリングに時間をかけてくれる病院を選ぶことが大切です。

誰でもなるかもしれません

病院

うつ病の症状は、誰にでも起こりえる心の病気です。まじめな人がかかりやすいので、家族や周囲の気づきなどが大切となってきます。うつ病は、生菌的にも肉体的にも疲れがおこっているので、ゆっくり休むのが大切です。